レンタルサーバーColorfulboxへのWordPress手動インストール方法

access_time

レンタルサーバーColorfulboxへのWordPress手動インストール方法

このサイトでも利用しているカラフルボックス のサーバーにWordpressを手動でインストールする方法をメモしておきたいと思います。
特にワードプレスのバージョンを気にせずに利用するのであれば、サーバーのコントロール画面に自動インストール機能がありますし、公式が解りやすい説明まで掲載してくれているのでソチラで問題ないと思います。

ワードプレス自動インストール

カラフルボックス 自動インストール機能でWordPressをインストールする方法

ワードプレスはバージョンによって微妙に操作が変わったり、特にバージョン5ではブロックエディタが採用された事もあり、操作感が大きく変わりましたので、以前のバージョンを試したい方やテストの為に古いバージョンを試したい方やなんとなく自力でインストールしたい方向けに書いておきます。

データベースを用意する

WordPressをインストールする前にデータベースとそれに紐付いたユーザー情報が必要となりますので用意します。

カラフルボックスのサーバーコントロール画面から「MySQLデータベースウィザード」をクリックして…

MySQLデータベースウィザード

データベースを作成します。このデータベース名はワードプレスのインストールの時に使いますのでメモしておきましょう。

データベース名をきめる

次に先程作成したデータベースにアクセスするユーザーを作成します。
このユーザー名とパスワードもワードプレスのインストール時に使いますのでメモしておきましょう。

ユーザーが作れたら「全ての権限」にチェックを入れて下の方にある次へをクリック。

権限をきめる

これでデータベースとユーザーの作成が終わりました。

データベース作成完了

ワードプレスを用意する

ワードプレスは公式からダウンロードしましょう。
各バージョンのワードプレスのダウンロードは下記リンクからどうぞ。

ダウンロードしたらファイルを解凍してサーバーにアップロードします。
FTPソフトを利用してもいいですし、FTPよくわかんない!という方はサーバーのコントロール画面から「ファイルマネージャー」を利用して任意の場所にワードプレスをアップロードしてください。

ファイルマネージャー

ワードプレスのインストール

早速アップロードしたURLにアクセスするとこんな感じの画面になりますので「さあ、始めましょう!」をクリック。

上3つの入力欄に先程作ったデータベースの情報を入れます。
データベースのホストはそのままで大丈夫です。テーブル接頭辞はお好みで。

送信をクリックして成功している場合は「インストール実行」画面が出現しますので、インストールしてゆきましょう。

ようこそと出るのでサイトのタイトルやユーザー名などを入力します。
ここのユーザー名とパスワードは先程作ったデータベースのものではなくワードプレスのログインユーザー名とパスワードなのでお間違えなく。

メールアドレスは更新情報やエラーなどの情報が届きます。
検索エンジンがインデックスしないようにのチェックを入れるとサイト全体にnoindexがかかります。これはワードプレスの設定から変更することができます。

Wordpress サーバー